Michelleが語るFIRE論

元人事役員がFIREに至るまでの回顧録と、巷であふれるFIRE論の考察

Michelle💋の他人には理解してもらえない経済的優先順序

こんにちわ✋

Michelle💋です

 

以前のブログで、FIRE🔥後は収入が減る為、生活費の見直しをする必要が出てきたということをお伝えしました。生活費の見直しをするにあたって、自分の価値基準で生活にかかる費用の優先度を設定し、「優先度の高いもの」=「自分を幸せにしてくれる贅沢品」は我慢しないというMichelle💋個人の考えを共有させていただきました。

 

今日は、Michelle💋の他人には理解してもらえない経済的優先順序について共有したいと思います。

Michelle💋を幸せにしてくれる贅沢品

Michelle💋にとっての贅沢品の筆頭は「住宅」です。主に、家の広さ、心地良さ、センスの良さ、が重要です。FIRE🔥した後は立地への優先度が格段に下がったので、地方に引っ越すことは検討してもいいかな?と思っていますが、「住む家」のクオリティーは下げたくないと思っています。

Michelle💋が諦められない贅沢品の2つ目は、「美容室」です。もう10年くらい通っている馴染みの美容師さん。1回の料金は5万円前後と、まぁまぁお高めなんです。今日、いつもの美容室に行ってきましたが、やはり今後も同じ美容師さんにお願いしようと心に決めました。オーダーは適当でも、いい感じに理解してくれて、私のズボラ加減をよくご存じなので、そんな私でもうまくスタイリングできる髪型にしてくれます。長年お世話になっているから、語らずとも理解し合える安心感。これはなかなか替えが効かないサービスです。

最後の贅沢品は、「高級国産ブランド牛のカルビ肉」です。あえて「A5」ではなく脂控え目の「A4」がMichelle💋の好みで、毎週買うお店も決まっていて、そこで買うカルビ肉以外は食べる気にはなれません。「カルビビビンバ丼」が最高の家飯です。ビビンバの上に、高級カルビを乗っけて食べるのが至福の喜びです。 

Michelle💋にとっては優先度が低い生活必需品

Michelle💋は10年以上前からずっとiPhoneユーザーですが、今もまだ「iPhone6s Plus」を使っています。実は、最近「iPhone12 Pro」に変更しようかと思ったのですが、バッテリーさえ新しいものに交換すれば、まだまだ今の機種が十分使えることに気づいたので、機種交換は見送りました。随分長い間同じ端末を使っていて、そろそろ交換してもいいのですが、端末自体の費用が10万円を超えることを考えると、「まぁ、まだいいっか」って思って諦めました。

また、アパート経営の管理や、株式投資、ブログ運営のために個人用のPCを買おうか少し悩んだのですが、今も夫のPCを借りて作業しています。「そろそろ自分のPC買ったら?」という夫からの無言のプレッシャーを感じますが、夫が使ってない時であれば使いたい放題なので、わざわざ個人用のPCを買わなくても、何にも困りません。ということで、「まぁ、まだいいっか」って思って、これも諦めました。

最後に、「普段着」もMichelle💋にとっては優先度がかなり低いものになります。下着はこだわりのブランドがありますが、それ以外はユニクロと無印良品のみでほとんどの普段着は間に合ってしまいます。どこかにお出かけでもしない限り、私の普段着は着心地がいい上に、すごーくリーズナブルなものばかりです。 

他人に理解してもらえなくてもOK

私の経済的優先度について、よく夫から「理解できない」と言われます。確かに、毎回美容室には5万円かけるくせに、携帯電話はすごく昔の機種を使っている。PCも毎日使う生活必需品なのに、ずっと借り物で対応している。このアンバランスさは、男の人にはなかなか理解してもらえないようです。

しかし、Michelle💋は、他人に理解してもらえなくても、自分が設定した優先順に応じてお金を使っていこうと思っています。だって、それが一番幸せだからです。

FIRE🔥した後は、以前程の収入はなくなります。自分にとって最重要のものだけにお金をかけて、自分にとってあまり重要ではないものにお金をかけることを諦めれば、幸福度を下げることなく、生活コストを削減できるとMichelle💋は思っています。

 

今日はここまでとなります。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

皆様の夢が実現することをお祈りしています。

 

Michelle💋