Michelleが語るFIRE論

元人事役員がFIREに至るまでの回顧録と、巷であふれるFIRE論の考察

お金を生むマネーマシンの構築(株式投資)

こんにちわ✋

Michelle💋です

 

今日は、FIRE🔥後の生活を支えとなる、「お金を生むマネーマシン」の構築を検討したいと思います。

FIRE🔥後を見据えたマネーマシンの種類

FIRE🔥に向けた準備の中でマネーマシンの構築は何よりも重要なものとなります。マネーマシンもいくつかの種類があるので、自分が興味が沸くものから検討していただきたいと思います。

 

 1.投資

 ①不動産投資による売買差益と家賃収入

 ②長期の株式投資(株・投資信託)による売買差益と配当

 

2.利息

 ③預貯金の利子・利息

 ④債券(国債社債など)の利息

 

3.資産の有効活用

 ⑤駐車場・自販機・コインロッカー・コインランドリー等の運営
 ⑥シェアリングビジネス(自動車・服・アクセサリ等)

 

4.広告収入
 ⑦アフィリエイトサイト
 ⑧ブログ
 ⑨動画配信

 

5.課金制情報提供

 ⑩メンバーシップ動画

 ⑪有料メルマガ・Note配信

 

Michelle💋は、現時点で、①不動産による家賃収入②中長期目線の株式投資が主なマネーマシンになっております。今は世界的に超金融緩和である為、③や④はあまり狙っていません。今後景気が良くなった時には、④債券にも魅力が出てくる可能性があるため、その場合は株式資金から移動することを視野に入れています。

マネーマシン構築への最初の1歩

FIRE🔥を目指す人にまず、今すぐ検討していただきたいことは

・長期目線の株式投資(株・投資信託

です。NISAやiDecoなどの制度を使って、節税しながら投資することはとても効果的です。毎月の給与の中から一定割合を投資に回し、すこしづつ 財産を貯めていくことをお勧めします。

 

実はMichelle💋が株式投資を始めたのは2020年になってから💧です。”Cash is King”という考えが固定概念していて、なかなかリスク資産へ資産を移動すること出来ていませんでした。

 

そんなMichelle💋も、コロナを機に主要国家の多くで政府が大型財政政策を実行し、中央銀行が金融緩和を実施している状況下で、現金だけを持っていること自体がリスクであるという現実に気づきました。世界中で大量のお金💰が供給され、資産インフレが進んだ場合、現金💵は相対的に資産として減っていくことになります。不動産をたくさん持っているMichelle💋としては、現金保有率が高いことが単なるリスクという状況ではないものの、一生に数回しかめぐって来ないような株式上昇相場に乗らないのは、すごくもったいないと感じるようになりました。

 

もしタイムマシンがあれば、大学卒業して間もない自分に、「給料の一部は投資しなさい。」と伝えたいです。現金を貯蓄するよりももっと賢く、お金に働かせてお金を増やす方法があるのに、資産運用を勉強せず、無頓着に「貯蓄だけ」をするのは、とてつもなく大きな機会損失をしていることに気づく必要があったと思います。 

株式投資をはじめる前の準備

さて、投資を始めるとしても、何からしていいかわからないという人が多いと思います。Michelle💋もそうでした。1年ぐらい試行錯誤してみて、今日までに至った状況を共有させていただきたいと思います。

 

1.株式投資の基礎勉強

まずは株式投資における基礎のお勉強が必要かと思います。私は下記2冊の本を読みました。

 

①逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く
 田中 泰輔 (著)

f:id:michelle_xxx_u:20210311094013p:plain

逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く

https://www.amazon.co.jp/gp/product/453235871X/ref=ppx_yo_dt_b_asin_image_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

 

②僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します 
高橋 ダン (著), 高橋 晴美 (著)

f:id:michelle_xxx_u:20210311094201p:plain

僕がウォール街で学んだ勝利の投資術

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4046049448/ref=ppx_yo_dt_b_asin_image_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

 

②は比較的読みやすく、株式投資について全般的に学ぶことが出来ます。(初心者向け)

①は日本で生活する人が米国株式市場でどうやって勝つかをマクロ経済の視野からアプローチしています。とても難易度が高い本ですが、何度も何度も読み返しながら理解を深めたいと思っています。(上級者向け)

 

読む順番は②→①がいいと思います。他にも良書はたくさんありますので、折に触れて紹介していきたいと思います。

 

2.情報収集

株式市場について基礎的な知識を付けたら、情報収集を行います。

Michelle💋の主な投資先市場は米国、中国、日本になります。株式情報は投資している市場をカバーするために、英語の情報にもアクセスをしています。(中国語はアクセスできていません💦)

・ニュース(経済・政治・社会が主)

  日経新聞WSJ、CNBC、Investing.com、Finvis、Seeking Alpha等

・証券会社から提供される情報

  トウシル、マネックス証券SBI証券野村証券

・投資プロ系インフルエンサーから提供される情報

  田中 泰輔さん(Twitter&トウシル)、Jim Cramerさん(CNBC Mad Money)、広瀬隆雄(じっちゃま)さん(TwitterYoutube&SBI)、広木隆さん(マネックス証券)等

 

特に、投資系インフルエンサーは、Michelle💋が日々フォローしている方は他にもたくさんいらっしゃいますが、限りある時間の中で、初心者でも安心してフォローできる方を上記に上げさせていただきました。

 

3.証券口座開設

Michelle💋が開設している証券口座は以下になります

 野村證券

  店頭口座を開設済み。分析力が高い野村證券の良質な投資情報を得るための口座。

SBI証券

  国内証券会社として総合力としては1位なのでは?と思っています。

楽天証券

  楽天経済圏を最大限利用するとお得に資産運用できるため、開設した口座です。

 

マネックス証券

  米国株の時間外取引ができるため、開設した口座です。

・サクソバンク証券

  日本の証券会社で取り扱いのない銘柄を売買する時に使っています。

・Investors Trust(ITA)

  香港の投資会社にて、オフショア投資口座を持っています。 

・WelthNavi 

・NRK(確定拠出年金Webサービス

 

リスク分散の一環として、証券会社を分散しています。

それぞれの証券会社に強みがあるので、証券会社を減らすのが難しい。。。

でも整理したいです。今後検討しますね。

投資1年目実績から判断する今後の方針

Michelle💋が本格的に株式投資をはじめてそろそろ1年が経過しますが、結果としてはS&P500よりは低い成果となりました。

「初心者とっては、個別株よりはインデックス投資の方が安定している」

ということを実感しました。投資あるあるですよね。

 

Michelle💋は、この1年間、個別株+テーマETFをメインに投資をしてきました。

この期間を通して、多くの失敗を経験し、多くのことを学びました。そして、現時点で至った結論としては、資金の8割を長期運用に充て、インデックスを中心に運用をして、残りの2割は個別株+テーマETFで運用してみようと方針転換をすることにしました。また、下落局面で素早く逃げるスキルを磨くように今後は精進していこうと思っています。

まとめ

今日はFIRE🔥後の生活を支えとなる、「お金を生むマネーマシン」を生むために株式投資」のはじめ方についてお話してきました。

1.株式投資について基礎的な知識を得る(本を読む)

2.情報収集(ネットなどで最新の情報を得る)

3.証券口座開設

まずは、上記の3点からはじめてみてください。証券口座が開設されれば、いよいよ実際に投資をはじめることになりますが、次のステップは次回にお話しさせていただきますね。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

皆様の夢が実現することをお祈りしています。