Michelleが語るFIRE論

元人事役員がFIREに至るまでの回顧録と、巷であふれるFIRE論の考察

お金を稼ぐことに本気になることから始める

はじめまして✋。 Michelle💗です。

 

私ことMichelle💋は30歳ぐらいから

・お金💰を稼ぐこと

・お金💰を貯めること

を一生懸命やってきました。貯めたお金をもとに資産運用や投資を始めたのはたった数年前からです。

 

今あるほとんどの資産(純資産数億円)は、会社員として稼いだお金を使わずに貯蓄したものが基盤になっていますが、今から思えば、貯めたお金を、もっと早く株式投資すればよかったと思っています(笑)。とはいえ、まずは収入がなければ株式投資したり、資産を増やすことはむつかしい為、まずは収入を増やし続けることが必須だと考えています。

 

FIREを実現するためには、

①お金を稼ぐ

②お金を貯める

③お金を増やす

不労所得を得る

の順番で取り組むのが基本です。(もともとお金持ちの方は別ですが・・・)

③と④を同時に取り組むことは可能だと思います。

とはいえ、まずはお金を稼ぐことがスタート地点・基盤になります。(当たり前のことで申し訳ありません🙇)

 

お金を稼ぐ方法はいろいろあると思います。(就職される方や、起業される方がいると思いますし、最近はそれ以外にもいろんな方法でお金を稼ぐことは可能ですよね。)

このブログを通してMichelle💋が伝えらえれることは、会社員としての収入を最大化するための方法、資産運用でお金を増やす方法です。

 

Michelle💋はとある企業の人事担当役員をしていますが、卒業した大学は三流で、特に頭がいいわけでもなく、専攻も心理学だったため、就職してからエリート的な立ち位置とは真逆のたたき上げ的な存在です。

 

 

また、20代の頃は、始業ギリギリ出社・終業直後退社・有給全取得、が基本の就業スタイルでしたが、30歳初め頃に本気出して仕事をするきっかけがあったことが転機となりました。

 

そのきっかけとは、

・自分の生活を自分で支える必要性が発生したこと(お金を稼ぐ必要があった

・社内異動で人事の職務に就いたこと(仕事が面白くなった

の二つだったと思います。どちらかというと、自らの意思とは無関係の理由から始まったのかな?と今となっては思います。

 

Michelle💋の場合お金を稼ぐことのモチベーションが生まれたのが30代前後で、あまり早いとは言えないと思いますが、それでも、心機一転、仕事に真面目に向き合い、どうすれば稼げるのか真剣に考え、仮説を立てて、それを実践することで、給与はどんどん増えていきました

 

FIREに向けた最初の1歩は稼ぐことに本気になる❕。これがスタートです。

Michelle💋の場合、生活するためにはお金が必要になったこと、自分が面白いと思える職務につけたことで、給与を増やしていくためのよい1歩になりました。

 

「稼ぎたいって誰でも思ってるよ!でも思うように増えないから悩んでるんだよ!」

って声が聞こえてきそうですが、会社員が給与を増やすことは、高い確率で成功する方法があると、人事での経験で確信しました。

 

その方法については次回のブログでお書きしますね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

皆様の夢が叶いますように!